コンテンツの質を考えるとCGMは不利なのか

皆さんはコンテンツに対してどのような考えをお持ちでしょうか。

これから仲間とともにビジコンに向けてメディアサイトを立ち上げようとしています。エンジニア担当の元気です。

ブログ初めて2ヶ月の新米ですが,コンテンツについて色々と思うところがあります。

1. 一過性のアクセス

ブログを多くの人の目にふれさせることは意外に簡単です。

いい記事を書きTwitterFacebookなどのSNSに流すことで意図的にバズらせることが出来ます。 しかしそれだけでは長続きしません。なぜならいい記事というものはそう続けて書けないものだからです。

コンテンツSEOの効果と7つの手順

2. コンテンツ is キング

バズることでアクセスが急上昇したとしても,その後すぐに元のアクセス数に戻ることを何度か経験しました。

そうなると反対に,良記事を書こうと焦り投稿数を増やすようになります。しかしそれは逆効果です。 運良く連続してバズることが出来れば順調にアクセスも底上げされていくのでしょうが,それよりも確実なのがコンテンツの質を上げ,そのSEO対策をしっかりと行うことだと思います。以下の記事が参考になると思います。

bazubu.com

3. まとめ

CGM形式でユーザーの寄稿にコンテンツが依存するとき,そのSEO対策は行われるのでしょうか。

各ユーザーは自分の書いた記事をバズらせたい,あるいは連続して寄稿したい。そのように考えられる仕組みはCGMにはあるのでしょうか。

e-words.jp